HOME > 不動産投資の成功術 > サポーター紹介

サポーター紹介

貯金もなくなり、ぼろマンションで再起を誓う。

もともと「人生は80歳までで、折り返し地点の40歳以降は
自分のやりたい事をして過ごしていきたい」と考えていました。

そして、33歳の頃、「40歳で絶対セミリタイアする」と誓いました。
しかしセミリタイアするにも先立つものが必要です。

そのために、勉強や情報収集は欠かしませんでした。
株やFXの投資セミナーに参加すること年数十回。
投資関連の書籍を読むこと数百冊。
そして「とにかく実践する」を己に課し、株や先物、FXなど、
少しでも魅力のありそうなものは全部チャレンジ。

その結果は・・・

惨敗でした。どれも感情が入ってしまい実損を重ねるばかり…。
あっという間に貯金が底をつき、途方に暮れていました。

金持ち父さんで開眼。不動産投資を学ぶ

そんな時に手にした本がロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」
まさに「目からうろこ」で、不動産投資に大きな可能性を感じました。

それから仕事の傍らサラリーマン大家さんを目指し、セミナーや本で勉強する毎日。
色々な不動産業者さんも回って情報収集を重ねました。
さらに、マンション投資の頭金に充てるため、それまで住んでいたマンションや車は売却。
築40年の賃貸マンションに引越しをしました。

そして数年後ついに念願の大家さんデビュー。
1棟目、築17年の中古RCマンション(16戸)を購入
そして半年後、同じく中古RCマンション(20戸)を購入し2棟のマンションオーナーになりました。
この2棟は価格交渉から融資(ローン)付けまで全て投資物件専門の不動産会社に
面倒を見てもいました。

さらに勢いづいて3棟目も中古RCマンション(18戸)を購入
こちらは価格の指値や業者さんとの交渉、銀行融資まですべて自分で手配しました。
結果としては、この3棟目の利回りが一番高く、キャッシュフローも出ています。
この3棟目を購入する時に学んだキャッシュフローを生み出すノウハウが
「しあわせ大家さん」プログラムの根幹になっています。

想定外の事態は3年目に

ところが、ここで想定外の事態が起こりました。

その正体は「修繕」です。
ちょうど購入から1年ほど経ったある日、
すぐに修繕しなければならい箇所が同時にいくつも発生したのです。
想定外の出費を強いられました。

さらに、追い討ちをかけるように
「入居者が入らない」
「退去が相次ぐ」
といった事態が起こったのです。
築20年あたりを境目に物件自体の魅力が落ちてきた
のが原因でした。

「賃料を下げないと部屋が埋まらない」状況が続き、
購入当時より家賃を10%以上も下げました。
当然利回りも悪化
しました。
これが中古マンションへの投資を行なった結果です。

それでも毎月数十万円のキャッシュフローはありますので、
安心感を持って生活はできています。

後輩が始めたある手法が驚きの効果を生んでいた。

そんなときです。

仲の良かった後輩が「不動産投資で信じられないことをやってのけたらしい」
という噂を耳にしました。
早速、連絡をしてその内容を聞いてみました。

彼の1棟目はやはり中古RCマンションでしたが、2棟目、3棟目が普通と違いました。
なんと、立て続けに土地を購入して「新築建物」を建設したのです。

「新築なんか建てて利回りは出るのか!!」
と驚く私に彼は「もちろん」と答えました。

新築を建てたという事実だけでも凄いのですが、
なんと、土地+建物で利回りがどちらも8~10%というのです。
東京通勤圏です!しかも駅10分以内!

最初に聞いたときは信じられませんでした。
もちろん最初から満室でキャッシュフローも抜群です。
今までの固定概念が全部吹っ飛んでしまいました。

土地を所有していて、建設のみで10%くらいの
利回りであればよくある話です。
でもサラリーマンの皆さんで土地を持っている方は
ほんの一握りですよね。

これは不動産投資の概念をくつがえすと思いました。

お客様の経済的安定を実現するために・・・

ただ、この投資プログラムは建築地の賃貸需要と家賃動向、土地の価格と建物の価格など、
全ての条件が完全に整って初めてできることです。

サラリーマンの方々に経済的な安定をご提供し、
少しでも心に余裕が持てるよう、そしてご家族が幸せになれるよう、
私たちはチャレンジし続けていきたいと考えています。

  • オーナー利益の最大化、賃貸管理プラン・管理料金
  • 個別相談会
  • お問合せ

ページTOPへ